設備案内

  • ヘリカルCT

X線を使って体をらせん状に断層切断し画像処理します。
特に頭部と胸部に威力を発揮します。

  • 一般撮影

X線を使って一般的な胸と腹のレントゲンを撮影します。

  • 腹部超音波(エコー)

超音波を使って腹の中の胃・腸以外の臓器を映し出します。
特に胆嚢や肝臓に威力を発揮します。

  • 胃カメラ

経口・経鼻・を用意し食道・胃・十二指腸の病気を早期発見します。

  • 心電図

虚血性心疾患や不整脈・心不全などをチェックします。

  • ホルター心電図

24時間心電図をチェックし主に不整脈の発見に威力を発揮します。

  • 採血

基本的には外注(専門会社に委託)となりますが、緊急で必要なデータは医院内で処理できる様にします。